less is more

Every day is a new day.
Enjoy life through fashion.
and. . . .keep smiling .

わ た せ・せ い ぞ う !

| blog

20代の頃、”わたせせいぞう”
彼の書いた本をよく見た。
絵も好きだったし、洋服・音楽・車
いろんな勉強をさせてもらった。
当時、デートをするときの参考にもさせてもらった😅

最近、久しぶりに読んでみた!
いや〜 面白かったっす。
意味もなく お洒落がしたくなり
夜だというのに一人で夜中に秋のコーディネイトを
考えながらコローゼットに1時間以上もいた😊
我ながらちょっとあきれてしまいましたが・・・

洋服って最高です。
元気になれる😊
僕だけですかね・・・・😅

k.u

店舗の未来 !

僕がフォローしてる女性のブログで読んで共感した内容です!

「店舗の未来って?」🤔

店舗において欠かすことのできない「ヒト・モノ・ウツワ」

ヒト:接客をする「プロの販売員」
モノ:商品
ウツワ:店舗

店舗の未来は「ウツワ」の部分だと思っていて、
その「ウツワ」の部分の役割を明確化することで
必要とされる存在になれると思っています。
じゃあその役割って?

それは「体験」に尽きる

モノは店舗で買ってもネットで買っても同じものが手に入ります。
圧倒的に価値が変わることはそうない。

店にいる人と、置いてあるもの、季節感、空気感、気候や交わされる挨拶など、
そこに行かないと体験できない事が店舗には存在します。

でも、そこでの体験に大きな付加価値を見いだすことができる人が減ったから、
多くの人がECの便利さに魅力を感じているわけです。

大きな付加価値を提供できる店が減った、
付加価値の与え方を柔軟に変化させて行けた店舗が少なかった
と言えるのかもしれません。

今後店舗に求められるのは、そこでしか体験できない「非日常」、
ありきたりの、ブランドや売れるものを追い続ける店舗はこれから淘汰されていきます。

これからの店舗は、そこでしか提供できない
“価値表現” がなされた空間作りが必要不可欠!

画一化された商業施設の中の一つの区画を任された店舗は
本当に厳しい戦いを強いられると思っています。

その中で自分達らしさ、そこにしかない価値ってどうやったら提供できるのか
ここにフォーカスして考えた方がいいなと思います😉

k.u

” 情熱 ” しかない!

| blog

少し前、「大人になったら着たい服」と言うイベントに
直営店 ”ambiente” で参加させてもらった。

このイベントに参加していた世代の人達は、
何か事を起こす時に “情熱” がいつも先だった
昔を思い出させてくれた。
洋服に対する “情熱” を久しぶり感じた6日間だった。

今、アパレルのいい時代を見て経験してきた
僕ら世代の50代 その上の60代の人達も服を買わなくなり
おしゃれを楽しむ業界の人が減ってるのを感じる。
理由は個々色々あると思うが・・・
ファッションを伝えていくべき人達がお洒落しなくて
どうするんだぁ〜 と言いたい。

情熱はもう無いのか? 定年を待つだけなのか?
そんなの寂しい・・・

「昔は服買ったなぁ〜」ではなく、今こそ買って
今の自分を活かして、洋服の持つ “力” を楽しさを
次の世代に伝えたい。

” 情熱 ” を持って

k.u

fashion – vol.2 ” Iris Apfel “

| blog

“Iris Apfel”(アイリス・アプフェル)
インテリアデザイナーであり実業家そして “ファッションアイコン” でもある。

彼女は言ってる

” more is more and less is bore ”
多ければ多いほどいいわ、控えめなんて退屈よ と!

僕は Less is bore ではなく Less is more を
スローガンにしているんですが、彼女独自の周りを気にしない
ファッションが、そして生き方がカッコいい。

彼女はこうも言ってる

自分を美人だと思ったことは一度もない。
だから、努力して身につけるの。
色々なことを学び、取り入れ、個性を磨くのよ!

彼女は90代にして世界の “ファッションアイコン”

“アイコン” までは行けずとも50代半ばまだまだやれる👍

k.u

ambiente ← Retail store vol.1

| ambiente

僕は独立する前は洋服ではなく雑貨業界4年程いました。
なので今も雑貨が好きです。
サラリーマンで営業をしていた時、働いていた会社の社長、
取引先の強烈な社長、バイヤーさん たくさんの先輩・同世代・後輩の中でも
4人の人の影響をかなり受けました。

その時、その人達がお洒落なのはもちろんですが
お店の「雰囲気」がとても大切だというのを学びました。
店で流れる音・香り・ディスプレイ・店員さんの服装 などなど。

商品・ブランドも大切だけど空間が重要だと!
そこで「雰囲気」を大切にしたいと思ってつけた名前が

“ambiente”

スペイン語で 「雰囲気」という意味です。

Instagram → ambiente__otemon

大手門に来て26年、ambiente ができて9月で20年になります。
26年の間いいスタッフにも恵まれお店を続けることができてます。

「洋服」 “たかが服、されど服”

大好きな服を仕入れ・作り・ディスプレイし
丁寧に接客し、お客様にも教わりながら”ambiente”を
30年 40年続けていければと思います。

6月、福岡市中央区大手門(明治通り)のお堀は
蓮の花が咲き始めます。蓮の葉の緑もとても綺麗です😊

近くへ来られた際は気軽に遊びに来てください。

k.u

最近読んだ本から・・・

| blog

今日は、先週買って読んだ本から

「大人になってやめたこと」

この本の中に書いてあったことで、そうだなぁと思ったこと!
まず一つ目は

” 「わかってからやる」をやめる ” です

まずはやってみる、自分の身を削って失敗しないと、
痛みを伴わないと何が本当に正しいのかがわからない。
だったら、早めに失敗して、早めに修正すれば、早めに正解にたどり着ける。

” 正しいか間違いかを判別する唯一の方法は「やってみること」”

二つ目は

” カメレオン体質をやめる ” です

自分は「Aがいいなぁ〜」と思っていても周りが「Bがいいよね〜」と
言うと自分を抑えて「Bがいいですよね〜」と人に合わせるという経験が
あると思いますが、その嘘は必ずと言っていいほどバレる💦
って言うかバレてる😅

嘘をついてると自分も消耗する。
「人」をものさしにし続けることで自分のものさしの目盛りまで
読めなくなってくる。

” 「お腹の中にあること」を声に出してみればありのままの自分になれる ”

これ以外にもなるほどと思えることがいくつもありました。
いい意味で「やめること」を考えてみようと思います😊

k.u

ciel et soleil ← Retail store (kid’s) vol. 1

| blog, ciel et soleil

今日は弊社子供服店舗” ciel et soleil ” の紹介です。

” ciel et soleil ” 空 と 太陽という意味!

子供達が 空と太陽の下で元気に遊んで欲しいという
思いでこの名前をつけました。

名前を思いついたのは、当時小学生だったの息子達と夏休みに
小戸公園という海の側の公園で出勤前、ほぼ毎朝6:30から
バスケットをしていた時に足首を複雑骨折をして入院をしていた
病室のベットの上で考えた名前です😅😅😅

もう14年前くらいになります・・・

子供服店を出したいと思ったきっかけはやっぱり
自分のこどもができたことですね。
こども服って可愛いじゃないですか!それに夢がある😊
いいブランドに出会えたことも大きかったです。

子供って、いつも一生懸命でいいなぁって思うんです。
大人になるにつれて知恵がついてどんどん一生懸命にやらなくなるし
楽ばかりしようとする。失敗したときのことばかりを気にして
成功なんて中々出来ないとやる前から言ってる。
なのに、子供には「やる前から諦めるの」と大声で言い聞かせてる😅 😅 😅
もう 聞いてるこっちが恥ずかしくなる💦

子供って “遊ぶ時” も “食べる時” も “寝る時” もいつも一生懸命じゃないですか。
羨ましいくらいに・・・もう学ぶことだらけです😅

子供はすぐに大きくなってしまうから、いい服を着せるって勿体無い部分もあるんですけど、
やっぱり着せたいんですよね〜 もうバカ親全開ですね💦
全身高級ってわけにはいかないけど、感性豊かで一生懸命な時期にこそ、
少しでもいいものを着せてあげたいなって思ってました。
息子達にも、何となくそういうのって伝わったと思いますし、
感性ってそうやって備わっていくんじゃないかなと思います。

世の中そんなに景気がいいとは言えませんが
“夢” は持っていたいですし持たせたいですよね!

時に、子供達に “夢” ばかりを語る “バカ親” で
あってもいいんじゃないですかね 😉

今日は何だか1人で盛り上がって書きすぎました・・・
また次回 ” ciel et soleil vol.2 ” お楽しみに!

k.u

Think out side the box !

| blog

Think out side the box !

型にはまらない、既成概念にとらわれない考え方で!

先日「堀江貴文」ホリエモンの話を聞きに行ってきた。

賛否両論いろいろあるかもしれませんが

僕にはとても面白い話しでした😊

型にはまって、既成概念や一般常識にとらわれた考え方で生活する方が

楽ですが・・・楽しくない・・・

堀江氏の話しは、「型にはまらない、既成概念にとらわれない考え方」

今の時代、これから先の時代を見据えた話しでした。

企業が、誰かが、作ったレールの上を進むのではなく

これからの時代は個人が企業の中であっても

自分でレールを作っていく時代、作れる時代、作らないといけない時代

になってきた、と言うよりすでになってる💦

洋服も、型にはまらない着こなしがあっていいと思う

トラディショナルもカッコいいけど

トラディショナルをベースに、でもそこに囚われすぎず

崩しアレンジした着こなしもあっていい!

ファッション情報もネットから膨大な量の情報が入ってくるけど、

「情報をいかに得るか」

ではなくその中から

「何を選択するのか」

その選択するセンスでライフスタイルも変わる!

k.u

Travel

| blog

「旅」

特に目的もなく「旅」がしたくなる・・・

今まで色んな国へ出張に行ってきたが

仕事というよりプライベートでゆっくり「旅」をしてみたい。

以前取引先の友人2人と車で旅をした、仕事をしたのはマルセイユのみ😅

Paris → Lyon → Marseille → Monaco → Sanremo → Milano と

長旅だった。毎日毎晩ワインを飲み色んなことを語り合った。

イタリア Sanremo(サンレモ)海沿いのレストランではかなり酔った😅

今も鮮明に覚えている。最高に楽しかった✨

「旅」

時間を作って目的のない旅をして、また何かを感じたい!

k.u

Dressing is a way of life

| blog

Sunday ☀️

店の前の桜がほんの少しだけ咲いてきている😊

今日も前回の続きです。

読んでやってください💦

服って軽視されがちなんです・・・

でも服は自分を表現する時とても力になる。

そして洋服を販売する店舗は、ファッションを伝える重要な場所

センスと感性・感覚を磨きながら編集して伝える。

​オーバーかもですが、 「たかが服、されど服」

​物と情報が溢れかえる現代、何を選択し何と合わせてどう着るかが鍵!

洋服をファッションをライフスタイルを提供するという仕事!

たかが服、でもその服にその人の生き方は出る

洋服が1つの文化だという思想を持ち続け

ファッションをライフスタイルを伝えていく。

Dressing is a way of life
「服装は生き方」

k.u